“愛” の象徴。

”ダイヤモンド!”

というと、なんだか ゴージャスで、プレシャス感いっぱい。  って感じるのは 私だけではないはず…

その語源はギリシャ語の「アダマス=adamas」という言葉から来ています。

これは、「征服できない」という意味を持ち、勝利と愛の永遠性を表現しているそう。

 

そして、ダイヤモンドについていろいろと文献を調べていくと、とても興味深いことがたくさん知ることが出来ます。

私は、普段(ほぼ毎日!)この宝石に触れているのですが

一番にイメージするのが、結婚指輪ってところでしょうかー。

 

古代ギリシャ人は、ダイヤモンド特有の虹色の輝きは、変わらぬ愛の炎が燃えていると信じられていたとのこと。

かつては、王や貴族の特権階級のみが このダイヤモンドを身に着けることが許され

その他、女性(王妃までも)、平民が身に着けることは禁止されていました。

しかし、この命令を最初に破ったのは、貴族階級でもない アニエス・ソレル(1422-1450)という女性で、

フランス王シャルルⅧ世の愛人でした。

sorer

それ以来、ダイヤモンドは、多くの女性たちに愛され、身に着けるようになったんですって。

いわば、彼女は女性のファッションリーダー的な存在ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です